1月より診療時間が変わります

お知らせ

広島県安芸郡熊野町のクリーン歯科です

平成31年1月より診療終了時間を変更いたします
(11月・12月は移行期間として徐々に変更後の時間へ移行します)

 

【現行】

午前 9:00~11:30

午後 1:30~7:30

 

【変更後】

午前
診療時間   9:00~12:00
予約受付   11:30(診療予定時間30分以内の場合)
急患受付   11:00
電話にてお問い合わせのうえ11:00までに受付にお越しください
予約状況によってはお受けできない場合があります                    

 

午後
診療時間   1:307:00
予約受付   6:30(診療予定時間30分以内の場合)
急患受付   6:00
電話にてお問い合わせのうえ6:00までに受付にお越しください
予約状況によってはお受けできない場合があります

急患の受け入れは診療終了時刻の1時間前に受付を済ませた場合に限ります

 

クリーン歯科は院長以外、女性スタッフのみで診療に携わっています。
これまで患者様の利便性を考慮し平日は7:30まで診療を行っておりましたがスタッフの帰宅時間は8時過ぎとなってしまいます。
スタッフの中には家庭を持ち母親になったものや、帰宅後に家事をしなければならないものもおります。

この度、新たに導入される「働き方改革」も踏まえ勤務体系を見直し、全スタッフとそのご家族が健全な生活がおくれるように診療時間の短縮を行うことといたしました。

夕方遅くにお越しいただく患者様へは多大なるご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今後もスタッフ一同、一層の努力を重ね、質の高い医療を提供いたします。

 

【キャンセルについて】
頻繁にご予約を変更される方、ご予約を入れたにもかかわらず無断でキャンセルを繰り返す方には、当院での診療をお断りいたします。その時間をご希望される他の患者様へご予約をお取りしたいと存じます。
勤務先のお近くや帰宅途中・日祝日に診療されている医院様など、無理なく通院できる他院様にて治療を中断することなく最後まで治療されることをお勧めいたします。

歯科医師としての使命

日々雑感

広島県安芸郡熊野町のクリーン歯科です

「治すことが難しい治療でも、あきらめずに色々な治療法を見出して今までやってきた。保険外治療だから治せるのではない。保険治療だってやり方によっては同じように治せることがいくらでもある。世の中は保険外の高い治療費を払える人ばかりではない。だから保険でもしっかりとした治療を誰かがやらないといけない。その一人が自分だと思っている。
どうにか治してほしいと僕を頼ってくる患者さんが増えてきた。数年、数十年と常に痛みを抱え歯科医院を転々としてうちにたどり着いてくる患者さんもいる。これからもそういう患者さんを助けたいと思うし、助けないといけないとも思う。
今は歯科医師という仕事ができることが何よりもうれしく思っている。」

診療再開後1か月たちました。
冒頭は退院後、家族との食事中に話した院長の治療に対する思いです。

 

この度は院長の入院により、患者様へ大変ご迷惑をおかけし申し訳なく思っております。そして、診療再開までお待ちいただきありがとうございました。何よりも病から院長を救っていただいたのは患者様です。心より感謝いたします。

9月10日診療中、突然の腹部の激痛により診療が不可能な状態となりました。メンテナンス等の一部の患者様の治療のみを午後より行いその日の治療終了後、救急搬送しその日のうちに手術を受けました。
時折、患者様より
「病気ってある日突然くるよ。」
とお聞きすることがありましたが、まさにそのとおり突然でした。

手術後の院長は術後の痛みと、あまりにも突然に起こった現実を受け入れることができなかったようで、言葉数も極端に少なくなり、表情も暗く、ただ呆然と宙を見つめているだけの日が数日続きました。
元の状態に戻れるのだろうか、今後クリーン歯科をどうしたらよいのかと不安ばかりが募り、ある日院長にメールを送りました。口頭で伝えるよりも、一人じっくりとかみ砕きながら読みかえすことができるメールのほうが気持ちが伝わるような気がしたのです。
常々、言葉には大きな力があると思っています。武器のように相手を追い込み、場合によっては殺傷してしまうこともあれば、良薬や音楽・アロマように心を癒し、救うこともできるのが言葉の力だと思っています。
少しでも現実を受け入れ、立ち直ってほしい、そして、何よりも診療の再開を待っている患者様が沢山いるということを思い出してほしいという願いを込めてメールをおくりました。

院長のいない医院ではスタッフが、全ての治療ができずしばらく休診する旨と、次回のご予約は再開の見通しがついたら当院より改めて連絡をする旨を伝えるために毎日患者様へ電話をかけていました。私は毎朝医院に行き患者様のご様子を聞くと「誰にかけても院長を心配してくださって、先生が元気に戻ってくるまで待っていますよとおっしゃってくださいます。そんな方ばかりです。」
「他に行くところがないから待ってます。」
「先生に治療してほしいから待ってます。」
そういうお言葉をたくさんいただきました。

メールには患者様とスタッフとのやり取りを書いてみました。

その日の午後、病院に行くと、正気を取り戻した院長がいました。
「待ってくれている患者さんのため、長く待たせることはできないから、一日でも早く良くなって診療を再開しないといけない。」
「僕を頼ってくる患者さんを早く診て早く噛めるようにしないといけない。」
「いつまでもこんなところで寝ているわけにはいかない。」
そう言ってベッドから起きて歩いたり、階の違うコンビニまで買い物に行ってみたり、椅子に座る時間を少しづつ増やしたり・・・
早く退院できるように努力していたようです。
その甲斐あってか3週間の入院予定が短縮されました。

退院後3日間自宅療養し、4日目より診療を再開しました。
保険関係の方が通常退院後1か月は自宅療養するのが普通なのにと驚いていました。
患者様も
「先生、あんなに動いていて大丈夫ですか?」
「また、入院したら大変だから無理しないように言ってください」
「退院したばかりなのに、見ていてこっちが冷や冷やします」
中には、
「先生を大事にしてあげてくださいね」
と、私が言われたり・・・
いつも寡黙な患者様も帰りがけに
「先生が元気になられてよかった。生涯ずっとここでお願いしようと思っているんですよ。だから本当によかった」
と、おしゃっていただいたり・・・

皆様、一言一言がとてもお優しく目頭が熱くなることもありました。

平成3年1月の開院以来、体調不良で休んだことは1度もありません。
40度の熱が出た時も座薬を用いながら診療を行ったこともありましたが、今回はどうにもこうにも無理でした。

ただ、思いがけずしばらく休まらずをえなかったことで改めて「歯科医師」という自分に課せられた使命を感じたようです。